メディア・ゲーム依存

不登校気味から本格不登校になる前に…じいちゃんの最終手段。

新たな問題点

息子が学校に行きたくない理由。
それは第一に「やる気が出ない」
ゲーム依存ということもあるのだろうか。
学校に行く。宿題をする。友達を遊ぶ。空手に行く。
もう一切したくない。ゲームなら友達とも遊ぶ。
友達がいない訳でもなく、ただただ、日常のやらなきゃいけないことをやりたくない。

新たに分かった新事実。
担任の先生と合わない
30代半ばなのかな。未婚の女性の先生。
結構嫌みっぽいらしい。でも私(親)の前だと熱心な先生というイメージだったが、子どもの前だと違うらしい。
ゲーム依存だわ、宿題はまともにしてこないわの先生にとっては不都合な生徒な息子。
はい。すっかりターゲット。
みんなの前でイヤミたらしく怒るわ、せっかく学校に行っても

担任の先生
担任の先生
何ノコノコきてんだよ

これじゃ、私だって行きたくなくなるよ!
私やじいちゃんたちが苦労して行かせても、こんな対応なら無意味だろうよ。
くやしくて2時間布団の中で悶々としていた私。
こんなことなら、越境して隣の小学校へ転校させるぞ。教育委員会へ行ってやる!そんな事を思いつつ
翌日すぐに教務主任の先生に電話をして改善をと頼んだ。

業を煮やしたじいちゃん

以前から犬が欲しいと言っていた息子。
だけど、うちはペット禁止のマンション。こっそりデグーマウスを飼うのがやっと。
そこに目を付けたじいちゃん。

じいちゃん
じいちゃん
毎日学校行って、帰りにじいちゃんちに寄って世話するんなら、犬飼ってやってもいい!

現金な息子はすぐにペットショップへ。本当は保健所からとか譲り受けたかったが…。
可愛いミックス犬に一目惚れ。
なんと。1週間もしないうちにお迎えとなったわけで。

スポンサーリンク

うちのじいちゃんは、本当に短気。すぐ怒るし口も悪い。だけどやることはやる男。
まさか本当に飼うとは思ってもみなかったが、飼ってしまった。
実家で犬は飼っていたけど、もう10年前に死んでしまったし、外で飼っていたから、室内犬なんて大丈夫なんだろうか…と心配した。
しかも生後2ヶ月の赤ちゃん。
息子は初日泊まり込み、世話をしていた。
私は隣の市までプロレス観戦・笑 息抜きさせて…。

とにかく可愛い

とにかく迎えた子犬は可愛い。ちっちゃいし、懐っこいし。ペットショップで覚えてきたのか、トイレも完璧。
名前を呼ぶと反応するようになった。

おかげで、イヤイヤながらも息子は朝なんとか学校に行っている
わんこを飼ってからまだ休んでいない。
毎晩、ゲームの事で注意されて怒られると

むすこ
むすこ
明日学校いかない!

と脅してくるが、

 

母
じいちゃんが大金出して、お前の為に犬飼ったんだぞ!約束を守りなさい!

と、言うのみ。

ここで問題がひとつ。
短気なじいちゃんは、キャンキャン鳴くわんこがうるさくて
「ケージごと外に出して、外で飼うか」とばあちゃんに言ったらしい。
お願いだから、それは絶対やめてとお願いした。

動物を飼うということ

動物を飼うということは、大変だ。
マンションにもデグーちゃんたちはいるけど、散歩も必要なく、おりこうさんなので肩に乗せたりナデナデしたりのコミュニケーションをとって、餌や水を与えるだけでOKだが、犬はそうはいかない。
猫のように気まぐれにするわけでもない。かまってかまってと甘えてくるし、餌もまだ離乳食。

動物に向ける優しさを少しでも増やして行ければ、息子の心も柔らかくなるかな?

ちゃんと、ゲームや動画の誘惑に負けずにやれるのか
いや、やらなきゃいけないんだ。
それを本人がどう考えているのか…。
もう少し様子をみなければ。

しかし、久しぶりのわんこちゃん。私や娘の癒しにもなってくれて、息子の事でささくれ立った気持ちも、少し穏やかになる時間ができた。