起立性調節障害

【起立性調節障害】今週ほとんど行けず…泣 結局全日制は諦めることに。

今週学校へ行けたのは2回だけ…

息子の件で右往左往していたら、娘(高2)は1週間のうち学校に行けた(遅刻含む)のは2日でしたとさ。
気付けばいるね。家にね。
一応進学校なんで、勉強しないともちろん付いて行けないし、後で困るよ。と言ってはいるけど、やる気も起きず。
夕方からは普通の人になる(起立性あるあるだと思います)ので、

きりっと娘
きりっと娘
明日は行くよ

などと言ってみたりもするんだけど、
朝は「屍(しかばね)」
なので、人が違うんですー。

少し頭を上げて起きようとすると

だるい娘
だるい娘
気持ち悪い…

起きてきても

腹痛娘
腹痛娘
腹が痛い…

とトイレの住人に。

だめだこりゃ。

 

キリツテイン

通信制の高校へ転入したい

今年の2月に初めて

むすめ
むすめ
今の高校を辞めて通信制の高校へ行きたい

と、言われた。あんなに頑張って入った高校なのに。

母の気持ち
母の気持ち
全日制から通信制に転入なんて、このタイミングで出来るの?
通信制高校卒なんて、就職に不利なんじゃないの?
大学は諦めるの?

もう、目の前が暗くなってきた…。
元々、校風が合ってないと言っていたし、私も薄々そんな感じはしていたけれども。

休みが多く、欠課も多かったので、単位が取れない教科が出てきた。
それを先生方も心配し、「各教科のプリント(大量)を家でやること」で単位取得。
という温情で対応してくださった。

やっと家でそのプリントをしても、朝起きて学校へ行けない娘。
そのたびに何回も朝学校へ行って、事務室へ置いてきたよ、母は。すっぴんで。とほほ。

それでもなかなか取れない教科が2つあった。
どうしよう。

私の実兄が高校教師ということもあり、アドバイスを受け娘に伝えた。

「1年の単位は絶対取りなさい。今(2月)から転入なんてタイミング的にも無理だし、もし今転入できたとしても、1年の単位を全部とらなきゃ、もう一度一年生からやり直しだ」

本当に、最良のタイミングってあると思う。
転入に迷っているのであれば、よく学校と相談して決めた方がいいですよ。

スポンサーリンク

1年の単位をちゃんと取った娘は、ギリギリながらも2年になることができた。

2年生になっても続く起立性調節障害

2年生になんとかなって、クラス替え。
文系コースに行ったので、めちゃくちゃ苦手な理数系も少なくなり、少しは娘の負担も減るかな。
と、色々励ましたりして、本人も最初の1週間は気持ち悪くなりながらも登校していた。

しかし、2週目からはやはり行けたり行けなかったりが続き、
休みがち=勉強遅れる
の、負のループに。

結局二度目のお願い。

むすめ
むすめ
通信制高校に転入させてください

……私もその方が良いのではと思い始めた。
頑張って1年の単位は取れたし、転入しても2年生で行ける。
彼女の肩の荷をひとつ下ろしてあげることが、親の役目なのかもしれない。
朝登校できない負い目から開放してあげることが、もしかしたら起立性調節障害から抜け出す一歩になるのかもしれない。

とにかく学校に相談だ

担任の先生に電話を掛けて、本人も直接話をし、学校に話をしに行き、話を進めることになった。
最初に候補に挙げたのは、公立の通信制高校。
公立高校同士ということで、学力の事、病気の事、様々な事を文書でやり取りをするので、色々と時間がかかり、大変という事だった。

娘本人は大学進学希望なのだが、通信制高校の課題やテストのみではきっと無理だろう。
という事で、大手の個別教室にも通おうかという話にもなった。

本人もそれは承知しているが、きっと負担になるだろうな。
でも自分の夢に向かっていくには今頑張らないといけない。
娘は以前から語学系の大学に行きたいと言っていた。
娘が現役受験するタイミングで、センター試験は終わってしまうのだ!
なので、浪人でもしようものなら、次の年からの受験はきびしい事間違い無し!なのだ。

そして、先日通信制高校の面談に二人で行ってきた

  • 仕組みやカリキュラム
  • 課題の事
  • スクーリングの事
  • テストの事

色々聞いてきた。
やはり通信制では「一人で決めなければいけないこと」が山盛りだ。
当たり前だ。
全日制という決められた時間割をこなせばいい親切丁寧な世界から、一人抜け出して同じ結果を残さなければいけないのだから。

まだまだお子ちゃまが抜けない娘。
大丈夫なんだろうか…。不安が先立つ。

話を聞いて、もう少し選択肢を増やしてもいいのではないかと娘と話した。
公立の通信制高校か、私立の通信制高校か…。
全日制の先生にも話をし、少し待ってもらうことにした。
なので、おそらく二学期の最初の方はまだ今の高校に通う事になりそうだ。
ため息をつかない日は来るのかな。