通信制高校について

【通信制高校】学費が安いのは公立だけ?私立通信制高校の学費とは

圧倒的に安いのは公立高校

公立の通信制高校は2010年度から授業料が無料です。安いというか、無料なんですね。

単位を取るのに、1単位300円〜500円くらいです。3年間で74単位とるとしても、高くて37,000円です。

それも3年で割るわけですから、年間使う費用としては安いですよね。

スクーリングの交通費とか、課題を郵送する郵送費。
あとは入学金ですね、これは500円程。

(教科書は別途購入するようで、手持ちの教科書が使えないとすると2万円ほどすると面談の際に聞きました)

公立の年間の負担額の平均33,800円という調査結果もありました。

諸費用含め4万円くらいはかかると思っても安い!

この金額なら、本人のバイト代で補えますね。こんなに安いんだ!と驚きました。

 

公立は学費は安いが、デメリットもある

公立は学費は安いんですが、なかなか大変です。

最も大きなデメリットは、公立の通信制高校をスムーズに3年間で卒業できる人の割合がとても少ない、ということ。

驚くほど割合が低いです。

通信制高校のシステムって?学費は?実際に行って聞いてきました!公立通信制高校のシステム 先日、2人で面談してきたのは「県立の通信制コースのある学校」でした。 まずは、学校のシステムを説明されまし...

私達親子が面談をした公立の高校では、予定通りの年数で卒業できた人は、全体の3割にも満たない数字でした。

正直、ショッキングな数字でした

すべて自分自身で組み立てないといけない訳で、全日制や私立のようにサポートが厚いわけではないので、本当に自分自身の頑張りが大事なんです

通信制高校なら本来は3年で卒業できるのに、公立の通信制高校には4年も5年もかかった人、人によってはもっと長い時間をかけて卒業する人、そこまで在籍したのに途中で辞めてしまう人もいます。

しかし、公立の先生がおっしゃっていたのは

通信制教師
通信制教師
無事卒業できた生徒は、『この学校に通って、自分でなんでも出来るようになった。大学に進学しても通信制の延長なので、周りの人が戸惑っている事でもスッと入って行けた』と言っていますよ

ここまで出来るのなら、自分を律してがんばれるなら、公立の通信制に入った意味が出てくるんでしょうね。

進学先や就職先のグラフを見ても、もちろん四大に進学したり、有名な企業に就職している人もいましたが、「その他」という欄もありまして…。つまりなんとか卒業はしたけれど・・・という事なんでしょうね。フリーターとかでしょうか…。

私立だから高い?就学支援金を使えば安く済む可能性も

私立にも学費が安いところもあります。

スポンサーリンク

国が実施している就学支援金という制度を使えば、学費は公立よりは高いですが、結構安くなります。

就学支援金というのは世帯年収に合わせて、学費の補助が出る制度。例えば、単位数×○○○○円という計算で年度末に戻されるという訳です。

段階はあるのですが、世帯年収で910万円未満なら適応になりますので、下記のサイトを参考にしてみて下さい。

http://www.mext.go.jp/a_menu/shotou/mushouka/1342674.htm

支援金に関しては、私立の通信制高校に資料請求などをした後に、電話で聞いてみても良いと思います。

とにかく資料請求して、詳しい事を知ることが大事だと思います。

ズバット通信制高校

 

私立の通信制高校も思ったより安いかも

公立の先生は

通信制教師
通信制教師
スクーリングはちゃんと来てください。そうすれば、先生達もあなたの顔を覚えて、言葉を掛けたり、スケジューリングの助言もできるよ

とおっしゃっていました。

母
ということは逆に考えれば、そうしないとほったらかしなんだな
やはり基本1人で頑張らないといけないんだ…。

私立は、1人1人に担任が決まっていて、色んな相談事もできるようです。

うちの娘の場合は、朝起きられないので、スクーリングも頻繁だと行けるかどうかが心配だし、もし行けなかったりしたら、全日制の時とそうそう変わらないプレッシャーが出てきてしまうかも。

卒業すること

これを目標にするため、公立の通信制は諦めました。

 

一番は、本人がやり続けられるということを考える。

しかし学費が高かったら、続けさせてあげられるかどうかも分かりません。

学費の安い私立の通信制高校をお探しの場合は、自宅近くの通信制高校を一覧で表示して一括で資料請求できる下記のサイトが便利です。
無料ですので、是非使ってみてくださいね。

ズバット通信制高校