不登校

【不登校】母1人で立ち向かえない!周りの人の助けが必要

自由な生活を満喫してしまう

息子は5年生の後半からどうも学校に行く事や、宿題をするという、基本的な事が億劫になっていったような気がする。
しかし、5年生の時のクラスはとてもまとまりが良くて、先生もベテラン先生。
後半、宿題をしないで学校へ行く息子に先生も何度か注意し、諭してくれたのだが聞く耳もたず。
そこからして問題だったのだが、私は、娘の起立性調節障害 で手一杯だった。
まずいまずいと思いつつ、放置していた。

新たな問題発覚!高校生になったけど起立性調節障害に…。期待に胸膨らませた高校生活!最初は良かった 高校生になって、春は遅刻もせず自転車で張り切って学校へ行っていた娘。 クラスマッチのTシ...

 

いわゆる、ワンオペ  というヤツだった。

ワンオペの理由は 息子くんにも悪い兆候…。 
にもあるように、父親がやらかしてしまい、我が家から離脱したから。

4年生の11月からずーっと母と姉と自分とで結構自由に暮らしていた。
父親はめったに怒らないけれども、いろいろと細かく注意をするタイプ。
私(母)は導火線が短く、ガン!と怒ってしまうタイプ。

おそらく、私だけだと楽だったんだろう。口うるさい人がいなくなった

息子の本音
息子の本音
嫌なことや面倒くさいことはやらなくてもいいや

その積み重ねで5年生を終え、6年生になり、人数の都合でクラス再編成になり、口うるさく、結構しつこい女性担任にあたり、もう学校が嫌になってしまった。

そこからはゲーム依存、不登校と、私やじいちゃんばあちゃんを悩ませる日々が続いた。

先生達との作戦会議

夏休み前、私だけ学校へ行き、先生と話をする機会が複数回あった。
メンバーは、

  • 担任の先生
  • 保健室の先生
  • 教科主任の先生

の4人。

教科主任の先生は、学校の中の問題を抱えた子ども達の相談役。
いろいろと見守り方を提案してくれたり、私の気持ちも汲んでお話しをしてくれたり。
その頃私は涙腺がバカになっていて、優しい言葉をかけてもらうだけで涙がこぼれそうだった。追いつめられていた。

集まって話すのは、今の現状を見て、本人にどう接するか。
「ゲームやめろ」「学校へ行きなさい」ではおそらく逆効果だろうということで、
作戦を立てて大人チームでどうやって攻めていくかを考えた。

  • 毎日、どれだけゲームをしているのか記録をつける(1日何時間しているのかデータをとる)
  • それを見せてどれだけの時間をゲームに割いているのか、それで本人はどう感じるのかを聞く。
  • ゲームをすることによって起こりうる、体や心への影響を保健室の先生に説明してもらう。
  • ゲーム依存症はWHOでも認定された病気なのだということを資料を見せて認識させる。
  • あなたはまだ『依存症気味』だけれども、このまま行くと依存症になって、入院しなければ治せなくなるかもしれない」という声掛けをする。

脅しのような言葉だけれども、悲しいかなこれが現実なのだ。
しかも『依存症気味』なんて言ってもらっているけども、私にしてみれば立派な依存症なのだ。

スポンサーリンク

これでどこまで真剣に考えてくれるようになるのか…。

これを毎日のデータを元に、2〜3週間に一度の割合で行われた

学校に行かない息子にイライラしたり、頭に来たりする毎日の中で、
一呼吸置けて、「そうだよね、大変だよね」と言ってくれる大人がいるってことだけでも救われる気がした

夏休み前の校長室にて

夏休み前に、本人を交えて話し合いが行わることになった。
場所はなんと校長室
校長は他の用事があるそうなので参加はできなかったが、校長室で話し合い!ということだけで、息子は緊張していた

夏休み、どう過ごすのか。

学童保育には毎日とは言わずとも、あまり休めず行けそうか。

1学期休んだ日数は、なんと30日にも及んだという驚きの結果が…!
1日5時間としても、150時間遅れている計算に、母はクラクラ。

その遅れをどうして埋めるか?
もちろん、担任の先生は補習をしようとなるわけだが、その担任の先生が苦手な息子はなんとかそれは避けたい。
強固に拒み、自分でするから!という到底できそうにもない提案をしてきた。
あまりに言うので、先生も強くは言えず(強く言うとまた逆効果になりそうなので)
「じゃあ分からない時はすぐに電話してね」で着地。

あとは、空手も行かなくなりダラダラゲームばかりしてきた息子の体は、なんとダラシなくなったことか。

こんな腹してなかったじゃん…。ぽよぽよ。

体力も相当落ちて来た。
これも問題だよね、と保健室の先生が優しく諭してくれた。
ゲームの時間を減らして、体を動かす時間を増やそうね、と言ってくれた。

母の言葉より効く、まわりの大人の声

結論として、私が怒って言おうが、クドクド言おうが、優しく言おうが、結局、母親以外の大人の言うことの方が聞くってことだ。

残念ながらそういうことなのだ。

息子本人もその方が危機感があるみたいだし、私も、自分の報われない説得が他の人がしてくれることで、楽になる

怒りで沸騰した脳みそや、うまくいかない焦燥感で軽く鬱っぽくなってしまったココロの負担を少し軽くしてもらった気がした。

いろんな人の協力を得て、恐怖の夏休みに入る覚悟が出てきた頃の話。