起立性調節障害

まだ起きれない?起立性の娘がどうなったか?もう20歳です

大変ご無沙汰しております…
卒業してもう2年が経とうとしています。
早いですねーーーー!

起立性調節障害だった娘、バイトの日々

起立性調節障害を患いながら、無事N高ネットコースを卒業したのは2年前。
娘はいわゆる「学生』から「社会人」になったわけです。

当初の目標は「大学生」でしたが、無理でした!

やっぱり自宅で勉強って、自分をどれだけ律せるか が重要なんですよね。
とりあえず単位を取れれば卒業できるし、たいいいでしょ!
となっちゃうと、受験勉強なんてとてもとても…

それに、娘は中学の頃から受け続けていたものがあったんです…

それは「アイドルのオーディション」

諦めきれない夢だったようで、紆余曲折ありながらも今は東京で1人暮らししています。

んで、朝は起きれるようになったの?

結論から言うと、今は「ちゃんと1人で起きられます」!!

治ったんです、起立性調節障害。

実際、地元、実家にいる時は不規則でした。
まだ燻っていたんでしょうね、安定してなかったです。

バイトに行くにも、結構欠勤遅刻ありました。
そんなのが続いてバイトも転々としていましたね。
長くて1年、早くて2日笑
※N高在学中からバイトはやってました

長く続いたのは、夕方以降からのバイトで、焼肉屋さんのホール。

そう考えると、やっぱり午前中は無理だし、夕方元気になってからの方が
続いてた感じだな…と、今振り返るとそう思いますね。

そんな感じが19歳半ばまで続き…

徐々に午前中から顔を合わせる事ができるようになってきました。

20歳前まで続いた、体調の浮き沈み

朝起きられない時

  • 頭がフラフラする
  • 気持ちが悪い

お約束のこの2つですね。

もう、この頃には親も慣れたモンで「そうなのね」と言って、ほっといていました。

どうせそんな時に無理に起こしたって、結局午前中無駄にする位何もできないんだし、無理やりご飯を食べさせても、下痢して終わり。

だったら午後からちゃんと動いてもらったほうがいいですよね。

1日中体調が悪い

  • ずっと頭が痛い
  • お腹も痛い

こんな時もたまにありました。

コレは「起立性調節障害」のせいなのか?
ただ単に自律神経の問題では?

なんて思っていたんですけど、自律神経と起立性調節障害ってかなり関係があるんですよね。

実際に気持ちの問題って、結構ありますよ。

やっぱりこれは、ある程度まで見守って独り立ちさせるべきなのでは…?

そう思うようになりました。

 

続く!